スキンケアは無添加が常識?

男のスキンケア!メンズも美しく

スキンケアは無添加が常識?

.

無添加とは?

無添加とは?

無添加スキンケア化粧品、無添加石鹸、無添加食品…など身の周りで無添加という言葉が常識的に使われ、スキンケアも無添加のものが常識、という声もあります。無添加は常識とまで言われる無添加とはどのようなものでしょうか?化粧水、乳液、クリームといったスキンケア用品をはじめ、化粧品は化学物質によって作られています。無添加化粧品は化学物質が含まれていないもの、ではありません。無添加は常識とまで思われるくらい無添加の化粧品やスキンケア用品がある現在、無添加の基準はなく、無添加のとらえ方はそれぞれの企業によって異なるのが現状です。常識で考えると肌に悪い影響を及ぼす成分が入っていないのが無添加、と思いがちですが、香料や合成着色料が入っていないだけで無添加といっているものもあります。無添加といわれるスキンケア用品は何に対して無添加なのか、ということを確認した上で購入しましょう。


ページのトップへ ▲

無添加の常識を確認

無添加の常識を確認

現在はスキンケアなどの化粧品には全成分表示が義務付けられています。それが義務付けられる以前は薬事法で「アレルギーや皮膚障害を起こす可能性のある成分」として103種類の成分については表示が義務付けられていました。一般に無添加を掲げている企業は、基本的にこの成分に対して無添加、としているようです。しかし、アレルギーや皮膚障害を起こす成分は人によって違います。また、103種類の成分の中には発ガン性があるという疑いのある成分も含まれています。常識で判断することはとても難しいことですが、無添加、天然素材、自然派化粧品、といった言葉だけを信用せずに、スキンケアは無添加が常識といわれていても、どんな成分が含まれているのかを確認することが肌を守る第一歩です。


ページのトップへ ▲

人気の無添加スキンケア用品

人気の無添加スキンケア用品

無添加化粧品としても人気の高いファンケルは、パラペンなどの防腐剤、殺菌剤、石油系界面活性剤、香料、鉱物油を使っていないと掲げています。洗顔料や化粧液、乳液などのスキンケア用品「フェナティ」などが人気があるようです。また、HABAのスキンケアシリーズも無添加スキンケア化粧品としてよく知られています。薬用美白美容液やクレンジングオイル、クレンジングソープなども人気商品です。常識とされている無添加化粧品、無添加のスキンケア用品ですが、どんな成分で作られているのか、自分の肌に合うかを見極める目を持つことも大切です。


ページのトップへ ▲


あっとよか

| ホーム | 男もスキンケアの時代 | キレイな男性はモテる? | メンズが美肌になるために | メンズスキンケアとは | 男性用お肌ケア化粧品 | 保湿スキンケア | 正しいお肌ケアの方法(基本) | お肌のケアは無添加が常識? | スキンケア化粧品と選び方 | 乾燥肌対策と予防 | 敏感肌対策と予防 | にきび対策とにきび予防 | アトピーに効くスキンケア | アンチエイジング効果のあるスキンケア | 日焼け後はどうしたら良いか | 毛穴ケアの方法がわかる | オーガニックスキンケアとは | 子供のスキンケア | 赤ちゃん(ベビー)のお肌のお手入れ | 美白になるコツが知りたい |

Copyright (C) 男のスキンケア!メンズも美しく All Rights Reserved.